インターン目標

Black-Litterman Model 進捗報告

Black-Litterman Modelとは

ポートフォリオ選択についての数理モデルです.

現代ポートフォリオ理論は,1952年にHarry Markowitzが投資収益率の分布についての平均と分散のみに着目した平均分散分析(mean-variance analysis)に関する論文を発表してからその歴史が始まります.

その後,1964年にWilliam F. Sharpeによって現代ポートフォリオ理論から発展したモデルである資本資産価格モデル(capital asset pricing model),通称CAPMが発表されました.

Black-Litterman Modelは1992年にFischer BlackとRobert Littermanが上記の2つの現代ポートフォリオ理論の中核に位置する理論を実践するに当たって出くわす問題を克服したモデルです.

 

社内Hackathonでの進捗

Black-Litterman Modelに関するWeb記事や論文のサーベイを行うことによって,必要な計算を把握し,QuantXプラットフォーム上での実装を試みました.

データの形式などで苦戦することもありましたが,なんとか形にすることが出来ました.

 

今後に向けて

今後は各種テクニカル指標との組み合わせや,複数のアルゴリズムのポートフォリオそのものへの適用を目指しています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です